Disney's Halloween in TDS

d0058606_1541329.jpg
 ディズニーシー初のハロウィーン・イベント。 これを見逃すわけには行かないと思い、行ってきました。 学生時代よくこの時季にランドのハロウィーンイベント行った…というか、今まで一番この時季にランドに行くことが多かったように思う。 今回、シーに行ったのはランドとは味の違うハロウィーンだということと、ただ単純に“ハロウィーン”というイベントが大好きだからだ。 だから、大学時代の英会話の授業でやったハロウィーンパーティはとても楽しかった。 西洋の国ではこちらの節分などの行事のように当たり前なことなのだと思うけれど、全く違う文化を味わうというのはとても新鮮なものだ。 そこでは、様々な衣装に着替えたネイティブの先生たちのもとへ行き,ゲームをしてお菓子をもらうというパーティをした。 
 それ以来だろうか。 ショッピングモールなどに行き、雑貨屋さんの店頭にハロウィーングッズがあると,自然とお店へ向かっている。 なぜハロウィーンが好きなのか。 いろいろ理由はあると思うけれど、やはり一番といえるのが“ジャック・O・ランタン”だろうか。 様々なジャック・O・ランタンが見れるし、そのどれもが可愛いものばかりである。 うまく言葉には表せないけれど、どのデコレーションもとても綺麗だ。

 ハロウィーン・イベントの開催一日目。 ちょうどこの日に休みだったため、行くことにした。 とは言っても、前回シーに行ったのが二ヶ月ちょっと前と最近だったため,イベントだけ楽しむために。 つまりは、ハロウィンのショーとパーク内に施されたデコレーションをカメラにおさめ、さらにハロウィーン限定のお土産を手に入れるということ。 だから、そんなに長居することはないだろうと思っていた。 が、しかし。 ディズニーの魔法にかかったということなのか、実際いたのはなんと7時間。 乗り物を一切乗らなかったのにも関わらず,それだけの長時間いるというのは,そうとしか言いようがないだろう。

 開園時間を過ぎてから行くことをあらかじめ,決めていたとは言え、十時半からのショーに間に合わず,舞浜の駅に着いたのはなんと十一時近く…。 次の別のショーを見るにしても時間があまったのでイクスピアリに行くことにした。 イクスピアリは今までに一度くらいしか行ったことがなく,しかもまともに歩き回ったことはなかった。 ショッピングモールから映画館までぐるぐる回った。 もちろん、ディズニーストアも。ここのストアはやはり他の店舗とは違う。 ハロウィンのガチャガチャなど初めてだ。 映画館とリンクしているのもなんだかいいなぁと。 映画のエリアは一つの町並みのようだ。
 ストア以外にもいろいろなお店があって、まるで異国にいるかのような味をかみ締められる場所が多々あり,思わずカメラを握った。 天気にも恵まれて,写真に映し出された風景はエキゾチックだった。

 そして、初めてディズニーリゾートラインに乗車した。 普通の乗車券一つにしても色が異なったりとか,デザインが凝っているし、電車の車体もその内部も最高だ。 ただ、一日券を買わなかったことにとても後悔している。 もしまた、乗れる機会があるのなら一日券にしよう。 一日券が良いことに気付いたのは電車に下車した後だったのだ。
 切符。 会社ごとに様々だが,私は電車の切符にとても興味がある。 東京メトロやゆりかもめのとてもデザインチックなのが特に。 ディズニーリゾートラインもしかり。 出来ることなら保存したいくらい。 全国各地にはきっとこのようなものがまだまだあるに違いないと思うと興味がそそられる。 

 開園時間が過ぎているにも関わらず、ちょっと列が出来ていた。 ゲートを通り,地球の噴水がある広場を抜けてその先にある、入口…ハロウィーンの垂れ幕?を見て期待で胸が膨らんだ。 そこからカメラを手放すことは出来なかった。
 ミステリアス・マスカレードの抽選の列に並んでいる最中でさえも。 平日だけれどそこそこ人は入っており、抽選会場の列はパークに入ってすぐの橋?のところからタワー・オブ・テラーの方にまでのびており,景色を楽しんだり,『ワンピース』を読みつつ,時間をつぶした。

 結局抽選に外れたが、会場外からでも見えたので良かった。 爪先立ちして,カメラを片手に持ちながらその場に立つのは辛かったけれど,デジタルカメラの性能のよさに感謝だ。 途中からだが、ミステリアス・マスカレードを見て、キャラクターグリーティングとマスカレードダンスも見れた。 
 お昼はスーベニア付きデザート二種類だけしか食べれなかったけれど、夢の国にそんなことは関係ない。空腹など忘れさせてくれるのだから。
 あとは、パーク内のあちこちのハロウィーンのデコレーションを取り捲った。 二回目のミステリアス・マスカレードを見る頃にデジカメが電池切れになってしまったので使い切りカメラを買ったほど写真を撮った。 おそらくは百枚近く撮ったことだろう。

 一眼レフカメラを持参していた人は多かったけれど、その中で驚いたのは女性が目立ったということだ。 一人で来ているのか二人で来ているのかは定かではないけれど,かなりの気合が入りようである。いろいろな角度から撮っているようだった。 恐るべき?,ディズニーファン。 お土産ショップの中でも写真を撮っている人がいて、商品にまでカメラを向けていたのには驚いた。 個人的に撮っているのだとしたら、いいのかよって思うけど。

 いつものことだけれど、お土産を買う時の私のお財布の紐は、かなり緩い。 軽く万を超える。 マスカレードマスク、キャンドル、ピンバッジ、絵葉書、Tシャツ、8周年グッズの置物と葉書、長袖の服、タンブラー、エコバック、写真たて、ミステリアス・マスカレードのCD…そんなところだろうか。 後は人にあげるお菓子類。 かなり買いすぎなのは百も承知だが,何故か買いすぎてしまう(汗)

 お昼前には入場し、出たのは夜の七時ごろ。次は出来れば、ランドに行きたい。
[PR]

by jd69sparrow | 2009-09-10 20:00 | ドラマ・その他