マイケル・ジャクソン This is it

d0058606_0235179.jpg
<イントロダクション>
 何よりも惜しいのがツアーを前にしてMJがこの世を去ってしまったことだ。 しかし、中々垣間見ることの出来ない,仕事上ではあるものの,素顔のMJを見ることが出来るのはファンにとって,とても嬉しいことだと思う。 テレビの前に出てくる彼でも,プライベートの彼でもない。 これぞ、世界的スーパースターという名誉ある地位にふさわしい理由がここにある。 何よりもファンを大切にするMJだからこそ、彼の曲を待つ人々のために最高のエンターテインメントに,こだわりぬき築き上げられていたラストステージへ向かう様子がカメラにおさめられた,貴重な映像こそが『マイケル・ジャクソン This is it』というマイケルから私達への贈り物なのである。

<内容>
 ロンドンをスタートにマイケル・ジャクソンによるビッグなエンタテインメントが予定された。 ダンサー選考から始まり,MJが今までヒットを飛ばした,“スリラー”や“ビート・イット”を始めとした,名曲の数々が披露される場面をふまえつつ,最高のコンサートが作り上げられていく様子が事細かに描かれている。 彼を支えるスタッフ達と幾度にも渡る,ディスカッションや試行錯誤を重ねながら,プロジェクトが完成へと向かう。

<感想>
 まさにドキュメンタリー。 ドキュメンタリーでリハーサル映像なのだけれど、映像見る者からするとリハーサルの時点でそれはエキサイティングなステージを楽しんでいるも同然。 ディスカッションやダンサーやスタッフの声もあるとは言え,贅沢なくらいMJのダンスや歌を見て,聴くことができるのだから。 ステージの仕掛けもパフォーマンスもとにかくすごい。 ステージに施される演出にはMJ自らが加わり,一言一言に説得力があるのだ。 これがまさしくカリスマなのだとつくづく思う。 歌も音楽も知り尽くしているのだ。 細かいところまで絶対妥協をしない完璧主義者はパフォーマー,アーティストの鏡だと思う。
 このステージのために新たな映像やスタイルで名曲が生まれ変わり,もともと映画用ではないのに一曲一曲が映画みたいだ。 これが実現し、生でもし見ることが出来ていたら どんなふうに見えるのだろう。 おそらくはどこでも味わったことのない,ステージになっていたことだろう。 
 この作品が公開される前のしばらくの間はダンス、ましてや歌など見ることが出来なかっただけに、もう歌うことはないのかと不安になることもあったがl、結果,映像としてMJは私達に送り届けてくれた。 50を迎えても歌唱力やダンス、スタイルさえも衰えることなく パワフルかつソウルフルな歌とダンスが出来るだなんて,なんてカッコいいのだろう? 天性の才能なのかもしれないけれど、MJの歌唱力はファンを思う心が作り上げているのではないだろうか。 歌もダンスもバランスよく,どちらもプロフェッショナルという言葉がまさにふさわしい。 歌を通してメッセージを伝えるアーティストとは、きっとこうあるべきなのだろう。 一番大切なのは魂と心なのであり、ファンや支える人たちへ愛を持てるということだと、MJはここで体現している。 
 意図せずともMJは私達に大切なことを教えてくれている気がするし、彼がスタッフに伝える言葉の中にはこちらに向けられたものもあるように感じる。 そして、ここから感じ取られることも多々ある。 全体をみるとエンタテインメントを築き上げようとするMJは彼の人柄をそのまま表していると思う。 けっして声を荒げることもない、優しさは変わらない。
 本業である歌やダンス以外に、慈善活動にも精力的だったとあると尊敬すべき偉人と言っても過言ではないかもしれない。 環境破壊の続く現代の問題点を訴える曲を作り、環境破壊がいかに罪深いことなのかを改めて考えさせられる。 曲の感じ、ステージに使われた映像を見るとよくわかる。 とても悲しい雰囲気だけど歌の響きじたいはとても綺麗。 “今が(これを改善する)チャンスなんだ、今しかないんだ”、“ここ四年で変えなくてはならない”と熱いメッセージがなんとも心にしみる。 この言葉を受け取った全ての人は少なからず、今できることを少しでも多くするべき。 生きるための綺麗な空気を運んでくれる木々などといった自然を伐採したりしてなくすべきではないのだとMJは言っている。 何故、自ら自分たちの首を絞めるようなことをしてしまうのか。 自分の利益より地球の未来を考える方が大事ではないのか? とこの曲を聴いて思った。 
 この作品を見て一番思うのは、マイケルの生き様の素晴らしさから、自分自身も年表が作れるくらいの刺激的で充実した人生を送りたいと思った。
[PR]

by jd69sparrow | 2009-11-13 00:39 | 映画タイトル ま行