Disney's クリスマス・キャロル

d0058606_23435717.jpg
<イントロダクション>
 最近文学史に載る,不朽の名作に命が吹き込まれ、映画化されることが多い。 その作品のどれもが私達に普遍的メッセージを送っている。 “時代がどんなに変わろうとも変わらぬことがある”ってよく言うけれど まさに頷ける。 この作品もその一つである。 新しいものを築き上げ,新しいアイディアが生まれ,考えの方向性が変化していったりなど時代と共に変わるものも,もちろんある。 だけど、“人間”という大きなくくりで割合にすると変化する部分というのは思っているより少ないのではないだろうか? 時代の影響は受けても,ずっと変わらずに引き継がれるものは少なくないはずだ。
 「クリスマス・キャロル」はディケンズ作の二世紀も前に作られた話。 だけど、小説・作品というのは時代を映す鏡。 ここで描かれるのは恐らくは当時のイギリスそのままであり,時代を描くという点ではドキュメンタリーと言えるだろう。 プログラムの解説にもあったかもしれないけれど、当時のイギリス社会は貧富の差が激しかったからこそ、貧しい人々にこの作品は希望を与えた。 そして読者に希望や勇気を与えてくれるものは長く愛される名作となる。 作家たちは、私達にいつも大切な何かを教えてくれる。 ディケンズは数百年経ってもここまで愛されると思っていただろうか。 というか、文学史に名を残す人々はこれ程の未来を想像しただろうか。 この「クリスマス・キャロル」は間違いなく,私達に希望を与えてくれる温かい作品である。

<あらすじ>
 意地悪で冷淡、お金こそ全てだと考えるスクルージは,とても孤独な老人だ。 年の一度のクリスマスを嫌い.祝うこともなく仕事に没頭する男。 それゆえに人はあまり近寄りがらない。 そんなことを気にも留めないスクルージはクリスマス・イブの日、いつものように仕事をして,一人で住むには広すぎる家へと帰った。
 ドアに手をかけようとしたその時、彼の人生を変えるチャンスは訪れていた。 暖炉の前に一人くつろぐ,老人の下に不気味な音が届く。 その招待はかつての(スクルージの営む店の)共同経営者であり,共の透き通った死後の姿だった。 マーレイはスクルージに「人生をやり直すチャンスがまだ残っており,それは三人の精霊に会う事により実行される」と彼に告げて空へと姿を消した。
 過去、現在、未来…目を背けてきた現実と向き合うことがスクルージの試練と言っても良かった。 時間旅行をしながらスクルージは自分を見つめなおしていく。 そして問う,今のままでいいのか…と。
奇跡と感動の物語にリアルなメッセージをスパイスした名作…。

<感想>
 スクルージのキャラクターはこの物語が作られた時代背景が影響している。元は心の優しい人。だけど、貧富の差が激しい時代で貧しさより脱し,稼ぐようになった頃 次第にその人格は変わってしまった。 一人の人物の物語を描くとき,そうであるように この物語も主人公が変わる物語。厳密に言えば、本来の自分へ戻り,本当の幸せを見つけることだ。忘れ去られてしまった,また 自分でさえも忘れてしまった,温かい部分。それがまだ主人公の中に眠っているからこそ、面白い。 そしてこれは他人事ではないという事実がある。だから、ファンタジーなのに現実的な説得力があるのだ。この作品の予告で印象的な私たちへの問い、“今の自分は子供の頃、なりたかった自分ですか?”というふうなもの。“時代に,他人に流されてはいませんか”ということも言いたいのだと思う。
 考えてみれば、幼い頃描いた夢は、そのまま大人になるまで持ち続けることも可能だが,様々なものに出会い,影響されながら変わりゆくのも世の常だ。昔見ていた将来の夢と実際の現実の違いを実感している人も多いはず。それをスクルージによって表現し、また私たちに問いかけている。でも、昔と今とで違いがあってもあまりそれを意識することはないだろうし、人間的な面で考えると尚更自分では気付きにくいと思う。 
 この物語がおもしろいのは、そういう大事なことを気付かせてくれるのが自分の分身的な存在なところだ。実際には、現在・過去・未来の三種類の妖精たちとなっている。三人とも全く持つ力も主人公に教えてくれることも違う。ただ、共通して言えるのがどれもスクルージの“現実”を見せているという点。現実というのは楽しいことや良いことばかりではない。 目を背けたくなるようなことだってたくさんある。 だけど、人はそれを受け入れなくてならない。 この時点で既に作者のメッセージが読み取れる。生きていればそういう場面にぶつかることもあるのだと。辛くても現実から目をそむけずに見ることができれば、変えること・変わる事だってできるのだ。 そして、自分を変えるチャンスは平等に一人一人に与えられているのだと見る人に希望をくれる。
 過去、現在、未来と主人公はタイムトラベルをする。その案内人になるのが、妖精たちで その妖精たちは主人公の分身的存在と述べたように 彼らの個性は大きく異なるように見えるけれど どれもスクルージが持つ個性なのだということが深い。もちろん、スクルージ自身は中々気付かない。まるで“ワンダーランド”にでも迷いこんだようだ。スクルージにやり直すきっかけを作ってくれたのはマーレイだけど、導いたのは自分自身ということになるだろう。 それは、スクルージ自身も意識が届いていない彼の心の奥底で願っていた変わりたいという願望が,マーレイを呼び出し,さらにチャンスが得られたのかもしれない。
 
[PR]

by jd69sparrow | 2009-11-17 00:12 | 映画タイトル た行