夢景色

夢はその人の記憶の重なり。

今まで見た景色が

記憶している形で映し出される。

意識的に見たもの、

無意識に見たもの色々あるだろう。

無意識で見た映像は

自分でもわからない脳裏のどこかへ

運ばれて

ふとした瞬間、

また,夢として出てくるのかもしれない。

だけど、多くの人は

無意識の記憶を、“記憶”だと気づかない。

夢の全てが記憶で出来ているかという確証はないけれど、

夢の中のそういう光景を

見知らぬ場所だと感じてしまう。


そうして夢で記憶した場所を

現実で観ると

とっても不思議。

時に嬉しい。

幻想的な夢ほど

現実にはありえないと

考えていたけれど

そうじゃない。


絶景はいつも,幻想的だから。



しかし予知夢はどうだろう

そうかそうではないのかはわからない

だが、自分ではそう信じている

全く同じじゃないから

予知夢とは違うのかもしれないけれど

ある記事に掲載された写真。

初めて観たはずなのに

夢で見たことあるような感覚。

何故だろう。

人間の脳は人の理解を超える
[PR]

by jd69sparrow | 2010-02-05 23:54 |