アバター

d0058606_11393518.jpg
<あらすじ>
 時代は2154年。スカイピープルと呼ばれる地球人は、惑星パンドラへと探索しに地球を出る。ジェイク・サリーは軍人を足の負傷で退役した身。ナヴィの種族を知らない,宇宙探索に関しては全くの素人だったが、当初行く予定だった双子の兄弟の死により,代わりに宇宙へと旅立つ。パンドラに住んでいるナヴィたちが暮らす自然はとても美しい場所だ。 しかし、偵察にやって来たスカイピープルたちにはある狙いがあった。それはナヴィたちを脅かすものであり、ジェイクはそれを知らなかった。
 ジェイクたちはナヴィの体にそっくりな肉体にリンクすることで、新たな体を手にする。リンクしている間だけは彼らにとっては別世界。 ジェイクの動かない足もナビィの体だと、自然に動き,そのことにジェイクは喜びを隠せず、どんな無謀なことにも飛び込んでいく。 
 パンドラにはナヴィのように人にそっくりな生き物ばかりではなく、いろんな生物が住んでいる。その中には人間に敵意を向ける獰猛なものもいた。 ただただ、ナヴィの体を楽しむジェイクは絶体絶命の危機に陥る。それを救ったのがナヴィの一族でスカイピープルの言葉も通じる,ネイテリという女性だった。 
 スカイピープルたちが空飛ぶ軍艦でナヴィたちに脅威を与える中、ジェイクはだんだん同じ地球人たちのやり方に疑問を覚え、ナヴィたちの優しさに触れた恩恵から,ナヴィと絆を結ぶ,研究者グレイスたちと共に,また,スカイピープルたちに立ち向かうナヴィと共に戦うことを決意する。

<感想>
 惑星パンドラは壮大な自然。そこで暮らしているのはナヴィと恐竜のような生き物だけ。人が未知の土地へ足を踏み入れた時、そこに文明を築き上げる。そして人がだんだんと多く、訪れるとそこは俗化されていく。人が暮らしやすいとわかると、豊かな自然は少しずつ消えてしまう。もしくは、カタチを変える。 そんな桃源郷のような場所は大切にしなければならないし、そこで生まれたナヴィたちを尊重するべきなのだ。 パンドラが架空の惑星であっても、実際宇宙には私たちが知らない数多くの惑星がある。 それに憧れるのは悪いことはなく、自分たちの星にないものを見たくなるのも当然。地球にだってそんな未知な場所も,美しい自然もあるわけだから、どちらにしても美しい自然や惑星は大切にしなければならない…そんな深いことも考えてしまう。
 仮想現実世界に、特別な力を得て戦うマトリックスのような世界もすごいけれど 同じ世界にいながら、リンクすることでアバターというもう一つの,全く違う体を得て,歩き回ると言うのはどんな気分なのだろう。 動きも身軽で人より背が高く、他の生き物たちとも自然と心を通わせる事のできるナヴィに、ジェイクやグレイスのように誰もがリンクしてみたいと思うことだろう。少なくとも個人的にはそうだ。自分の体は別にあるのに、アバターに入っている間も自分の本当の体のように身動きできるというのは、とても想像しがたいことだけど魅力的。
 軍にいる時もきっとそうだったのだろうと思えるほど、ナヴィとしてのジェイクはとても身軽で戦士としての力が大いに発揮される。 個人的に『アバター』という映画に出てくるナヴィに良い印象は持っていなかったのだけれど、ジェイクやネイテリを通し,ナヴィは人情に溢れた存在で 武士のような強い精神を持ったカッコいい存在だと思えてくる。 彼らは皆、スカイピープルが銃を持ち,ロボットで戦うよりもずっと格好よく見える。特に、後半戦。 
 子供のように好奇心旺盛で、無茶な人間でしかなかったジェイクは、ナヴィと彼らのの守る自然を知るうちに心が清められていく。 その様子が丁寧に描かれている。 それを知ったからこそ、最初はとっつきにくかったグレイスを理解し、ナヴィの精神をも取得していくのだと思う。
 ナヴィの暮らすパンドラの美しい世界観、ナヴィと人間との間に立つジェイクの心の葛藤と、ナヴィの仲間として,人間として成長していく課程がとても見ごたえがある。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-04-25 11:55 | 映画タイトル あ行