矢島美容室 THE MOVIE 夢をつかまネバダ

d0058606_11232789.jpg
<あらすじ>
 アメリカ・ネバダに暮らす,母親一人と娘二人。 母マーガレット、高校生のナオミ、小学生のストロベリー。ネバダで矢島美容室を営む一家である。 ある日、一家の大黒柱・徳次郎が家にあるお金を全て持ち去り,家出をしてしまう。あまりのショックを隠せない三人。 しかし、三人はいつまでも落ち込んでいる場合ではなく,なんとか生きていこうと考えた。 マーガレットはかつての栄光を取り戻すべく、ステージに復帰、ナオミは夢である芸能界デビューのステップとして,“ミス・ネバダ”のコンテスト出場、そしてストロベリーはソフトボールチーム,ピンクボンバーズで ライバル,ブラックボンバーズとの試合に挑む…。 家族の絆と笑いのエピソード満載の,アーティスト「矢島美容室」デビューまでの道のりを描いたの物語である。

<感想>
 ミュージカル仕立てになっているのが、まず驚いた。最初の矢島家の紹介はコメディタッチに描かれており、ミュージカル場面が一番の見所だと思った。 もちろん、ドラマの部分も面白い。 実際にアメリカの映像作品にあってもおかしくない程のリアリティが再現されている。 例を一つあげるとしたら『ヘアスプレー』である(始まりのところなど)。 個人的に印象深いのが、スローモーションにカメラだけが動いていくところである。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-10 12:00 | 映画タイトル や行