紙の香り。

学生時代、好きだった香り。

色々あるけれど、その中でも特に好きだったのが

紙(プリント)の香りである。 

プリントという言葉じたいが懐かしいけれど

その香りを思い出すと,とても懐かしい。

大人になった今は、プリントからレジュメに変わった。

さらに使われる紙はパソコン用の印刷用紙や、つるっととした

固めの紙だったりする。


しかし、プリントに使われるものは印刷用紙も

あっただろうけれど、『わら半紙』が使われる機会も多かっただろう。

普通のプリントが印字されたインクの臭いが

とても良かったのだが、

わら半紙は“紙の香り”じたいがイイ香り。

紙の色や表面の模様…そして柔らかさが最高。


紙は、どうしてこんなに優しくて心地いい香りなのだろう。

紙の香りの良さは 木の香りから来る…

すなわち緑という自然の香り。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-25 14:10 | 独り言。