本の香り。

本を読むのは、人はどんな気持ちでいる時だろうか。

落ち着いていたり,心がリラックスしている…

少なくとも心に余裕があると言えるだろう。


なんの変哲も無いように思える活字体も、

本の中で触れると不思議と“パワー”が感じる。

そして、『本の香り』、つまりは『紙の香り』とその材質が

本を楽しむのに大切な役割を果たしていると

私は思う。

物語を楽しみながら、同時に本を読むことが楽しめる。


本に使われている紙にも,それぞれ違う材料が使われていると思う。

何故だろう。 だけど、だからこそ色々な紙の香りが

楽しめるというものだ。

個人的には『ハリー・ポッター』のハードブックの香りが好きである。

他には無い特別な香りだ。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-05-25 14:35 | 独り言。