夏の音。

季節には、その季節を表す風物詩がある。

それにはいろんなものに言えること。


モノではないけれど、

季節を表すものと言えば、「音」。

春は、「うぐいすの声」

夏は「蝉の声」や「花火の音」、「風鈴の音色」など

秋は「すずむしの声」

冬は「雪がきしむ音」


新たにその音の仲間に入れたいものがある。

それは「夏」に分類される。


何か。


それは、カルピスに氷と水を入れて

出来上がったときに

棒などでかき混ぜた時の音。


カルピスはペットボトルもいいけど

原液と水を混ぜるタイプのやつが,より美味しい。

そして、その時にしか混ぜることもしなければ

あの音を聞くことも出来ない。


コーヒーではなく、カルピスなのです。

氷がコップなどにぶつかる

「カラン」って音。

それが季節の音だと私は思うのである。


風鈴なみに心地よい

やすらぎの音。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-06-13 14:15 | 独り言。