泡。

泡といえば、私はあの気持ちいい,風呂のあれしか

考えてなかった…ていうくらい

特に意識をこらしてなかった。

というか、泡に注目する人もあまりいないのかな?


最近、ボディーソープも

色々なものを試すようになった。

それより先にやってたシャンプーでは、

香り以外はあまり違いをわかってなかった。

けど、ボディーソープの場合は

視覚からも情報入るから

違いがわかりやすいのかもしれない。


泡ひとつでもメーカーやブランドが違うと

全然違うもの。

前回使っていたものは、うたい文句どおり

リッチな泡って感じで

泡がまとまっていてソフトクリーム状なのが

綺麗だった。

今回のは、まず体にじわーと気持ちよく刺激するところから入り、

“優しい”泡に包まれている。

明らかに違いを感じた。

リッチな泡もよければ、優しく包み込むような泡もいい。


全然関係ないけど、

石鹸をつけて洗う時ってこすればこするほど

泡はカタチになっていく。

触ってよし、見て良し。

泡というよりもクリームみたい。

泡クリーム。

ボディーソープが泡クリームに。

カタチ様々なこれを見ていると

何か芸術作品が出来ないものかと

勝手に思ってしまうのは私だけだろうか。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-06-30 22:40 | 独り言。