信号機。

車の中でふと見た外の景色。

車の信号機が目に映った。

そしてふと思った。

なんか…鳥っぽくね?

ちょうど真ん中が黄色だし。

人をじっと睨んでる鳥。


ちなみに歩行者用信号機。

あれは交番にいる警官に見える。

びしっと背筋を伸ばして

立っている感じ。


赤の時はその警官が

ぎゅっと口を閉じて警戒をしているイメージ。

青のときは笑顔…っつーか、

笑ってるように見えるのは

なぜだろう。


他にも公共に設置された

機械のみならず

モノが人の顔に見えてくるし、

各家庭にある,電子時計なんかも

時刻によっていろんな表情に見えてくる。


人の手で作られたものなのに

もしかしたら命が

宿っているのかな?…なんて思うのである。


全然関係ないけど

この間、飯田橋に行ったら

歩行者用の信号機が傾いてた。

どうやったら傾くんだよ?

…って思った。

人の手の届きにくいところだし。

誰かの悪戯か?

でも、映画二本続けて見て

出てきたら,なぜか

元に戻ってた…という不思議なことが。

…ま、きっとたまたま空白の時間に

修理する人が来て修理していったんだね。


それにしても…

その傾いた信号機…

人が地面に落ちたバナナの皮を踏んで

滑った瞬間に似ていたなぁ。

これまた不思議…ってか、面白い。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-07-10 16:55 | 独り言。