ちょいイラ。

「ボン・ファイヤー」の二回目を待ってる最中。

隣にいた親子連れの男の子が

めっちゃ騒がしかった。

ま、ショーには差し支えなかったから

良かったけどね。


父親はカメラに夢中で

母親もよく見ていなかったのではないかと思う。


男の子がぐずり始めた。

最初はちょっとキーキー言ってるくらいだったが

大声で泣き叫び始めたから

ちょっとイライラ。


2、3歳くらいの子で、

やっと言葉ほんの少し話し始めたという感じ。

だけど、まだ親の行ってる事は理解できない年頃。

でも,言葉を話せながらも自己主張が

強くなる頃。

泣き叫びつつ、自己主張をし続けていました。

父親は何度もしかるけど

泣き叫ぶ子どもには言ってることもわからないし

聞こえてない。

きっと、「あーしたいんだよ!」って

必死で訴えてなんとか

親に聞いて欲しかったように見えた。

だけど、中々聞いてくれないって思ってるから

ずーっと泣き止まない。

学習も出来るほど成長もまだしてない段階なのである。


きっと、一度父親に「帰るか?」と聞かれたあたりで

その男の子は体力と我慢力の限界だったのかも。


その後両親は少し責任をなすりつけあっていたようだけど…

まぁ、それはさておき。


子どもは欲しいが、小さい頃からディズニーの

ような場所には行かせたくない。

もうちょっとモノが理解できるくらいになってからがいい。

出来る事なら小さいうちは避けたい。

そうはいっても、感じだけどね。


でも、まぁちょっと席を外すくらいの事

してくれても良かったのになって思った。

子どもが落ち着くまで。


子育ての大変さがよくわかった。


それに…ミッキーも大変だなぁと。

ショーの待ち時間に隣の人の話が聞こえてきた。

グリーティングが終わり、

帰ろうってときにタイミング悪く?子どもが

会いに来たようで、

「ミッキー!!!!!!!!」

っと叫んだあと、

かなりぐずって泣いたようだ。

…ほっとくわけにはいかないのは当然。

「ごめんねっ(汗)」

…って感じでミッキーはその子のために

戻ってきた。


その後にまた子どもが寄ってきたりとしか

したら大変だよなぁ。

帰るに帰れない状態になるだろう。


第三者からしたら

あきらめろよって言いたいけど

そうするわけにいかないのが

夢の王国の住人の宿命なんだよね。


いやー 大変。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-07-16 00:59 | 独り言。