覚めぬ夢。

正確には中々覚めない夢だ。

今しがた三十分の出来事である。

私は居眠りをしていた。


夢の中で

何度も目を覚まさなきゃって

必死で瞼をあけようとするのだが

現実かと思ったら

瞼の上に錘が乗ってるかのようで

その度に目の前がグルグルっとなる。


目を閉じたまま,立ち上がろうとしてはこけ、

瞼は思うように開かないし、

寝坊したかとヒヤってすると

現実らしき風景が広がるのだが

また夢を押し戻される。

だから夢の中で

時計が九時近くをさしていて

「どうしよう…完全な寝坊による遅刻だ(汗

っと何度試したことか。

現実かと思う瞬間は

何度もあって

0時72分になったりと

本当に最悪だった。


今も尚、瞼が追い…

ってことは かなり相当な

寝不足ということなのだろうか。

物凄く眠い。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-07-17 01:27 | 独り言。