Summer Sprush 2010 in TDL

d0058606_0113955.jpg

真夏のディズニーは、いろんな意味で“あつい”。

しかし、それでも行って来ましたディズニーランド。

SEAに行って四日後です。

やっと疲れた頃に再びディズニーリゾートに。


昼と夜と別々のショーが

繰り広げられるのはSEAと同様。

ランドの場合は、昼が

短時間のショーが四度に渡り一日に

公演がある。

グーフィーと…もう一人。

その一人が毎回違う,お楽しみ付き“スペシャルイベント”なのだ。


『クール・ザ・ヒート』

こちらも思った以上に濡れる。

僅かだが、時間差で水が頭上から

降り注いでくるから、少し覚悟は出来る。

意外なことに、キャラクターの話す言葉は英語。

なんか不思議。

でも、けっこう楽しい!!

というのも、毎回変わるキャラクターのダンスは

それぞれ味や特徴が全く異なるものだからだ。

一つ後悔なのが、ミッキーの出番の時にもう少し早く

会場についていればなぁということ。


空いている時間には

各エリアを巡りつつ、スーベニアメダルをゲットしたり

テレビアニメ版“スティッチ”に

ランドが登場した際に、

スティッチがペンキで残した足跡などを探すことに。

夏だけの期間限定なので

早めにチェックすべし。


ぶらぶら歩いているだけでも、

思わぬタイミングでキャラに遭遇するから楽しいですよね。

キャラクターグリーティングの時間とか

あえて意識して行動しない方がいいいのかな?


「ナミナミナ」は、

子供のイベントですがそれでも観てしまいました。


ミッキーの力のこもった“ナミナミナ”がいいな。


あんまり前で場所取りして座るとちょっと

辛いかもしれない。

第一に、この灼熱の太陽の下では

地面がめっちゃ熱いんです。

ホットプレートよりかは、低いかもわからないけど

でも、その上に腰掛けている感じで

レジャーシートが必須だと思う。

第二に、前過ぎると子供たちで,キャラクターが見えずらい難点がある。

だからここは、座るより立ち見がいいだろう。


『ミッドナイト・サマーパニック』。

抽選には当たりませんでしたが、

二回とも見ました。

一回目は、遠すぎたが

二回目はエリクトカル・パレードも見える位置。

パレードを見るのは申し分ない、

「ミッドナイト~」を見るには脇なので

全体像は見えにくいけれど

なんだか、穴場スポットみたいで

わりとキャラクターが大きく,はっきり見えるので

悪くはないと思う。


ポイント
1.日傘は必需品。

2.カッパや、大きめなビニール袋か、ゴミ袋があるといいかも。
…何故ならジーパンとか色落ちして大変なことになるし、地面までしっかり水浸しになるので
鞄は絶対ビニールに入れたほうが安全。

3.カメラにもビニールを。
カメラは工夫してビニールのカバーをしながらするか、ショーのさわりの部分が
過ぎたら、しまって,ショーを楽しむことだけに集中する方が良さそう。

4.メイク
メイクはウォーター・プルーフのものを,なるべく多く使うべし。
あと、ファンデが目にしみやすいかも。

5.真っ青な青空の日に…
行こう。 …って言っても梅雨明けをした現在(七月下旬)では
晴天の日が毎日続いておりますのでほぼ心配ないでしょう。
運がいいと、夕方は幻想的な雰囲気のシンデレラ城が見える。
同じシンデレラ城でも行く日によって違う姿を見せてくれる。
昼間も、最高に綺麗な景色が各エリアで見れます。

6.夏こそ“スプラッシュ”に乗ろう!


最後に…
新しいアトラクションが出来るッぽい。

定かではないけど、シーにも??

気付かなかっただけかもしれないけど、

新アトラクションが出来る時に使われる、

周りを覆う壁にはディズニーの名作の数々が

プリントされていた。

「ライオンキング」があったのが、びっくりした。

一番最初に見つけたのが、

これだったので、

もしや,『ライオンキング』のアトラクション??

っと勘違い。

何が出来るかわからないけど、楽しみですね。

中々楽しかったです。

関係ないけど、カキ氷もここで食べられるも嬉しい。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-07-19 00:10 | ★ディズニー・リポート☆