まっすぐ。

「正直者は救われる」という言葉がある。

正直者はまっすぐな人を表す

同意語だと思う。

このような言葉を一度は耳にすることだろう。

人が生きるための教訓…


だけど、人はお互いを,

あるいは自分をだまして生きている。

本音と建前、表面上の付き合い…

いつから出来たのだろう?

なぜ、人の顔色ばかり気にするようになったのだろう?


いつの間にか私たちは人を芯から

信用しなくなってしまった

心の奥底から信じあえるのは稀なのか?


“まっすぐ生きる”

それは正義を重んじて、

曲がったことを嫌い,

また,己を信じること。



誰だって悪いことをしようと生まれてきたわけじゃない。

嘘もつきたきもない。

私はそう信じている。

「まっすぐ」とは信じることから始まる。

みんながまっすぐ生きたいはずなのに

時代がそれを阻んでいる。

だけど、時代を作るのは人間自身だ。


悪いことを悪いと言える世にするには

やはり“信頼”こそが鍵となる。

まずは自分を信じることだ。

まっすぐ生きれば、報われる時がくる。

その道のりは遠く険しいかもしれない。

だが、それが人生だ。


今こそ私たちは武士のように

まっすぐと生きる精神を見習うべきなのだ。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-08-01 22:39 |