世界~感じるということ~

人の数だけ世界はある。

地球は一つ。

人間の生きる世界はただ一つ。

だが、その一つの中に

さらに多くの世界が広がっている。

同じ風景も

二人の人間にはそれぞれ違って見える。


個人で考えてもそう。

仕事、学校、出先に家…

場所が違えば

その人の立ち位置も異なる。

会社のトップだって

普通に電車に乗れば,

一乗客。

モノを売る人間も

買い物に行けば消費者だ。


同じ屋根の下にいても

一人でいるときと

誰かといるときとでは

全然違う。

一人の世界でいるときは,

夢の世界のようで

家族や友人のもとへと戻ると

現実を感じたり,ほっとしたりする。


地球という一つの惑星にいながら

無限にある世界に生きているのは

実に面白い。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-08-05 23:01 |