それはいつも偶然で。

夢中になる番組は偶然と出会うものだ。

今まではまった番組は

本当に偶然だった。

たまたま、なんとなくテレビをつけたときに

やっていたのが,それだったとか

チャンネルを回し続け

偶然にもチャンネルを変える手が止まったという感じ。

見ようと思って見たわけではなく

なーんにも、考えずに

テレビをつけたり,チャンネルまわしているときに

出会うのです。


そういう番組は

今でも見ているものが多いです。

都合上見れないこともあるけれど

それでも時々は見ているのだ。


例えば、『世界ふれあい街歩き』なんかもそう。

たまたま夜中につけて

見たら,おもしろかったという…

今はそれほど遅い時間ではないけれど

私はやっぱりこの番組に

出あったときの時間の方がいい。


それはやっぱり素敵な出会いだったからこそ

その時の時間がよいっていうのが,

まず一つ。

もう一つはやっぱり深夜の静まり返った特別な時間に

見るのが心も落ち着くし

楽しいからだ。

今でも、初めて見たときの゛心地よさ”を

覚えている。


つい今しがたも

そんな出会いがあった。

たまたま「戦国武将」の話題だったというのもあるが。

しかし、そんなこととは言え、

一度もチャンネルを変えず,

また、ほとんど目を離すこともなかった。


それだけ゛その”番組が面白かったんだ。


テレビと限らず、

あらゆる゛素敵な出会い”は

狙って手に出来ることはなく、

あくまで無心でいるときなのかも。

自然体でいるときとか。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-07-28 23:04 | 独り言。