きっかけ。

だいたい映画を見るときって

フィーリングなことが多いけれど

目的を持って見ることもある。


それは自分がどういう気分に

ひたりたいかだ。


映画が私たちに与えてくれるものは

様々だ。

だから、こんなときはこれ!

あんなときはあの作品!!!

って引き出しが多いといいよね。

そんでもって出きれば

図書室のように

出来るだけたくさん家にそのDVDなり

ビデオなりがあるといいよな。


まだまだ私のその引き出しは多くないけれど

一つだけもしあるとしたら

「元気をもらいたいとき」見るもの。


それが、

なんであるかはその時々変わるかもしれない…

…というのは矛盾だろうか。


その他にも

泣きたい時や、スカッとしたい時、テンション上げたいとき…などなど

いろんな目的はある。

そのための引き出しはまだない。

だから少しずつ引き出しの中身を

増やしていければなぁと思っている。

手元になくても

きっとあるはずだから。


それは、過去に出会った作品かどうかは

わからないけど。


テレビとかで「こんなときは、この作品がオススメ」

って紹介してくるような番組とかあったらいいな。


あ、でも自分で発見するからおもしろいのかな??



…っと話があちこち飛びましたが、

私は勇気が,あるいは元気が欲しい時、

見る映画って考えてみたら

真っ先に出てきたのが


『エリザベスタウン』だった。


その理由とかは

あとでまた単体で書こうと思う。



見るきっかけや理由は

ちょっとしたこと。

だけど、映画が力をくれるってことは

本当に素晴らしい。

娯楽とばかりは

言ってられない。

だって、時には教材になるんだから。

それほど凄いんだよね。


また新たなる映画との出会いが楽しみだ。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-08-06 01:28 | 独り言。