人間。

人の寿命は生き物の中では

長い方だろうか。

そうだと言いたいのだけれど

微生物だったかな。

どんな状況に陥っても

必ず再生する生き物がいるって

聞いたことがる。

亀だってかなり長生きするよな。


とは言いつつも

おそらくは,人間のように

70~80年生きる生き物ってそうは多くないはず。


でも、人間ほどデリケートな

生き物っているのかな。


よく家庭の医学のような

あらゆる病の対策を紹介する番組がある。

そのテーマはあらゆる分野に分かれ、

様々であるように

人間にはあまりにもたくさんの

病気対策がある。


あんなものあり、こんなものがある。


一体どれくらい私たちは

病気に備えればいいのだろうか?

寿命こそ長い生き物だが

いろんな病に陥りやすい生き物である。

対策をたくさんしなければならない。


もちろん、できる限り

その対策は実践していきたい。

だけど、もしその対策を全てやろうとしたら

どうなるんだろう。

そのことばかりに集中して

人生の楽しみというものがなくなりはしないだろうか?


自然界は自分で治癒するほかなく、

人間社会は

お金をかけて、あらゆる処置を行う。


…うーん。


頭痛とか軽い症状ならば

自然に治るけれど

たいていは何かしらの処置が必要となると

やっぱり人間って

けっこう脆い生き物なのかなぁと

思ってしまう。


言葉を話したり、考える力があり

いろんなものを作り出す力があるから

強い生き物だと考えがちだけど

実はそうでもないのではないかって思ってしまう。


病、若さ、ダイエット…

なんだか備えるものがたくさんあるんだなぁ。


だからと言って、

生まれ変わるなら他の生き物って言うのは

中々考えがたいことであり、

せめてもし考えるなら

他の国の人間になりたいってことくらいだろうか。

でも今のところ日本人がいいな。


…って!

方向性がズレちゃった。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-08-10 10:44 | 独り言。