時間。

時間の流れとは早いもので

それを知ったとき「はっ」とする。


つまり…


何かに夢中になっていたりする。

そして,ふと目を上げて

時計を見たときに

想像以上に

時間が経過したというときである。


さっきまで…

というか今もだが。

ブログを書いていたら

夢中になり過ぎて、

わずか三十分くらいの経過かと

思いきや、

一時間以上経過しており,

朝10時かと思ったら

もうそろそろ11時…

つまりお昼になろうとしていたのだ。


なんか、

そういうときって

ビックリしませんか?

自分の体感している時間と

実際の時間とのギャップに。


自分の中の時計がいかに

いい加減なのかって思ったけど。

夢中になってたりするときって

ギャップがあって当然なのかな?


だいたいこのくらい時間たったかなって

言って当たることもあるから

自分の中のと時計が

全く間違っているわけではないと思うのだが。


でも、体だけは正直だよね。

ちゃんとお昼になれば

お腹が空くように出来ているんだから。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-08-10 11:27 | 独り言。