闇のパープルアイ。

今のドラマは

現実的なものばかりで

たとえ、漫画が原作にしても

この漫画のような特異な設定なものは

そうそうない。


とは言え。

『怪物くん』や『西遊記』

のような作品のような漫画から

飛び出してきたかのような

ものもたまにある。


しかし、擬人化ということであれば

まったくと言っていいほどない。

だから、『闇のパープルアイ』が

よくドラマ化になったなぁとつくづく思うのだが

やっぱり“時代”なんだよな。


テレビドラマは

「ドラマ」と言うくらいだから

人間ドラマが中心であり、

人と人との人間模様があるべき姿なんだろうなぁ。


人が豹や黒豹になるという話は

当時本当に刺激的だった。


どうやって撮影したんだろうなとか

現実的な疑問も思ったり。


96年の作品だ。

見るなら動画サイトか、

レンタルショップで借りるかだよなー


思えばこの時代って

個性の強い作品が多かった。

さすが90年代☆

…なんてね。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-08-18 23:11 |