自然の光。

証明を使わずに

自然の光だけで

撮影された映画があった。

どの作品だったかは覚えていない。

だけど、その世界観の良さだけは覚えている。


夏だから思うのかはわからないけど、

外からの光が射し込む室内、

影も多く

そんな景色がなんとなく好き。


何も傷害するものがなく、

日の向きが向いていたら

光が射し込む面積は広く、

凄く明るいだろうけど

かえって明るすぎるより

影の割合が多いほうがいい。


影が多いといっても

全く光がないわけではなく、

うっすらと光が入ってくる感じがいい。

カーテンで締め切って

光を遮ってしまう薄暗いのもなんだか

夢の世界っぽくっていいし

窓の下だけが

光がしっかり射し込んでいて、

窓のカタチにそって

四角い日向が出来ているのも

なんだか画のようでいい感じ。


電気の光は暗い夜だとほっとするけど

昼間は基本うるさいだけかなって思ってしまう今日この頃。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-08-11 11:17 | 独り言。