漢字変換。

だいたいはパソコンや携帯で

漢字変換するときに

一度で変換が出来るのdが、

思っているのと かけ離れたものが

変換されると イラっとする。


なんでそんな使用頻度の少ない

マイノリティな方に変換するんだよ!って

心の中で怒る自分。


そんな風には使わないだろ!って

思うこと多あり。

おそらく一番多いのは

「もう」という文字。

例えば「もう一つ」と変換しようとすると…


『猛一つ』。


…と変換される。

なんでやねん。

『猛』って何さっ。

日本人が書き言葉で

『猛一つ』ってないでしょ。

なぜ「もう少し」は「もう」が変換されないのに

『もうひとつ』はなぜ『猛一つ』になるんだと。

二度手間じゃん!


その他にも多々あるけれど。

どんな基準でパソコンなどの

漢字変換されるのか?


「~することじたい」の

「じたい」が「字たい」となり、

さらに「漢字+漢字」の熟語が

「漢字+ひらがな」になっていることも嫌だ。

「自体」という漢字ってそんな使わないのかな?


漢字変換がうまくいかないのは

人と人との相性や趣味、気が合わないみたいなもんなのか?


自分が変換したい漢字が出ないと

熟語を分解して考えなくてはならない。

『自体』だったら、

「自分」と書いて後の体の文字を別で変換して、

「分」を消さなくてはならないという

手間がかかる。


んーどうにかならなにのかな?

携帯とか特に、漢字変換可能な文字のボキャブラリーを

もっともっと増やして欲しい。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-08-27 22:33 | 独り言。