思い出。

思い出の引き出し。

ふとした瞬間開かれる。

思い出したくない出来事もあるけれど

その逆もある。

その時の気持ちが蘇り、

脳裏にビジョンが映し出される。

ワクワクした気持ち。


英会話教室の広告を見て思い出す。

短期間だったが楽しかった英会話の授業とホームステイ。

気付けば五年くらい経つ。
広告の中にあったパーティー形式の授業。

これが鍵だった。

次々と思い出が蘇ってゆく。

ゲーム形式の授業も多く

パーティーもあった。

パーティーってしょっちゅうあるものでは

ないけれど楽しい。

特にハロウィンの授業が好きだった。

トリック オア トリート。
お菓子をもらいに各英会話レッスンの教室に

訪れて映画のキャラクターや定番の仮想した

ネイティブの先生たちの教室にゲームをしにいった。
普段交流できない先生方との交流も

先生たちが 思い思いにデコレーションした部屋も

演出も

いろんな先生方の仮想した姿も

全てが楽しかった。

人生にハロウィン体験が出来た喜び…

授業外でも職員室と受け持ってくれた先生と話したり
カフェに行ったような気もする(行こうという話だけだったか)。

何故かその一年後は その先生方のレッスンではなく
全くの別物で退屈な講義を受けるはめに。


わずかなホームステイ。

授業や現地の学生さんとの交流に、観光、

それに感謝の意をこめた

催しとその準備。

もう一度あの頃に戻れたらなぁ。

行く少し前に。


広告一つでここまで思い出が蘇るとは。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-08-25 10:01 | 独り言。