花火。

ふと気がつくと

花火が上がる音がした。

調べてみても見つからない地元の花火大会だったようです。


思えば先月の今頃、

ちょうど足を骨折していた。

屋上にすら上ることが出来ず、

ガッカリしていたのだが。


この夏の終わりに

神様が贈り物をしてくれた。

夏らしい思い出を作る事の出来なかったこの一ヶ月を

見ていてくれていたのかもしれない。

ご褒美とは違うけれど

最後の最後に花火が見れたことが

凄く嬉しかった。

決まっていた事だけど、知らなかった自分にとっては

必然ではなく、偶然。


夜風も心地よく、

この空の下でハンモックか何かで寝たら

さぞ気持ちいいんだろうなぁ。


神様、ありがとう。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-08-28 21:39 | 独り言。