それはケンヂのように…

仕事帰り、

自転車をこいでいた。


信号が見えたときに

職場のパートさんの姿が見えたので

追いつこうと思い

ブレーキをかけようとしたが…


当然ほんの数メートルでは

急に止まる事ができない。


ホント、焦りますよね…


しかし、大事には至らず。

まるで『20世紀少年‐最終章‐』のラストシーンのように…

そう、ライブ会場にケンヂが登場するあの場面です。

ケンヂがスクーター?で

地味にステージの下に突っ込んだ…

というか、激突したように

私は横断ほど前の

電柱に激突。


足を骨折したばっかりだったので

相当ヒヤッとしました。

肩が痛かった…

ので、

肩がどうにかなったらどうしようと

思いました。

またもや職場に迷惑がかかるのかと。

最悪の場合、

辞めるしかないだろうとまで

一瞬の間に考えました。

しかし、無事のようです。


まぁ、ちょっと力が

入ったくらいじゃどうにもならないでしょうが。


電柱に激突するだろうとは

思ってたけど

正直「電柱」に救われました。

ストッパーです。


きっとそこに

電柱がなかったら

パートさんに被害が出ていたかもしれないし、

じゃなければ

また負傷していたかもしれません。

でも、もうすぐ退職される上、

さんざん迷惑かけたパートさんに

もしものことがあったら

私は謝っても謝り切れないと同時に

ひどいショックに見舞われていたことだろう。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-09-09 23:57 | 独り言。