Re:strike


9月12日(日)


本日はご縁があって劇薬混入団 すくらっちの舞台に行きました。

今回で二回目です。

(※前回のときに記事を書かなかったと思うので)

久々に以前勤めていた

会社の同期で唯一の同じ大卒女子だった友人と

浅草橋へと向かいました。

浅草橋小劇場にて観劇。


主人公の夫の建設会社が

閉鎖され、

みんながリストラという現実にぶつかる…

しかし、そこには悪いことばかりではないと言うことを

彼らは気付かされる…

困難なときこそ、最大のチャンス!

そんな前向きな気持ちにさせてくれる

そう気付かされる物語だ。


*****


とても社会派。

まさに今の社会にドンピシャな内容である。

悪いイメージばかりにとられがちな

リストラや派遣ぎり。

だけど そんな苦しい時も

見方を変えれば

前向きに生きられる…

そんな感じがした。


印象深かったのは

「困難がある」を「有難い」、

「大変」を「大きく変わる」という言葉の解釈である。

作品で語られるように

やっぱり昔の人、

つまりはこのような言葉を作った人は凄いなぁとつくづく思う。


漢字には必ず意味がある。


観ている側を

励ましてくれる、

また,そっと背中を押してくれるような

とても前向きな物語だなぁと思いました。


今こそ、自分にとって一番大切なことや人は

誰なのか考えてみよう。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-09-13 00:11 | ドラマ・その他