待っている間。

今日花屋さんに立ち寄った。

花束を買うため。

花束を買うときはいつも、

自分でセレクトして「お願いします」って

包装とかしてもらう。


私の前に一人ラッピングしてもらっている人がいて

その後に自分の番。


そしたら

タイミング悪く

三人ものお客さんが。


店員さんは一人。


会計もラッピングも一人でこなさなければならない。

何故、もう一人人員が確保できなかったのかなぁ…と思いつつ。


やっぱ店番一人で

三人、四人並ぶと焦るし

判断するのも難しいだろうし

逆の立場を理解するものとして

別に特にどうする気持ちはなかった。


その時は大変だなぁとか

可哀相だなぁとしか考えてなかった。


しかし、よくよく考えてみると

あとから来た人間に

先を越され、

一番最後に花を受け取ることに…


後回しかよぉう。

っと心の中でぶつぶつ。


しかし、それ以上に

一番後から来たヤツが

小刻みに体をゆらし

明らかにイラついているのが

イヤだった。


あなたの前からずっと

こっちは待ってんだよ!!!

しかも急いでたし!


相手に贈るものに

大きい小さいもないかもしれないけれど

こっちは考えて選んだ花を

買って待ってるのに

ミニブーケ一つのあなたが!!

って思ってしまった。


そんなに待ってられぬならば

向かいの花屋さんに行けばいいのに!!!

ってね。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-09-13 00:27 | 独り言。