一輪のバラ。

寒い夜。 一人の老婆が王子の城へと訪れる。

寒さをしのぐため、老婆は一輪のバラを差し出した…

しかし、その老婆の見た目の醜さから王子は

拒絶し、結果

野獣の姿に変えられて,

その呪いを解くための期限が

ガラスに入った,一輪のバラ。


『美女と野獣』の物語。

この作品の象徴とも言えるバラ。

宿代に一輪のバラっていうのも

なんだか素敵だなぁと思うのだが、

老婆を拒んだ王子に期限として与えられたのが

バラで、呪いを解く鍵が“愛”…。


なんと美しきかな。


フェザーローズ。

本物そっくりに作られている。

ふわっとしたさわり心地もよいですね。


なんだか四季の

『美女と野獣』を見に行く記念に毎回買いたいなって思った。

あと何回行けるかわからないけれど。


物語の中で

バラは一つだから

一つで十分だと思いつつ、

それでも,もう一つ欲しいと思う自分がいる。


なぜだろう。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-09-14 20:58 | 独り言。