サーモグラフィ。

太陽の光なんかもそうだけど、

よく蛍光灯とか

家でよく使う丸いわっかのような電気がある。


電気の光を少しの間見ていると

目を閉じた時、

その電気のカタチが

瞼の裏で残像のように残るのだろう。


しかも面白いことに

それがまるでサーモグラフィのようなのです。

うまく説明はできないけど、

光の残像は熱を持ってる人の体温の如しなのです。


目を開けていても、

光の残像は

チカチカと目の前に現れるけど

どんなメカニズムなのか。


最近、やたらとメカニズムが気になる。

電気だって手を近づければ

熱を持っている。


熱のある光を見ると

瞼の裏にサーモグラフィみたいなのが

映るものなのだろうか。


サーモグラフィとは違うけど、

よく腕を前に組んで

うつぶせに寝るときに

その腕の上に顔…というかちょうど瞼の部分を

あてたりするけど

そんなときにも瞼の裏には

いろんな色がまるで顕微鏡で

細胞を覗いているかのように映るけど

あれってなんなんだろう?


不思議だなぁ~
[PR]

by jd69sparrow | 2010-10-18 14:48 | 独り言。