シャンプーボトル。

自分には変なこだわりがある。

それは、

シャンプーやボディソープのボトルを

脱衣所のタンスの上に保管することと

風呂で使ったら

必ずタオルでボトルについた素敵を

ふき取ることである。


理由は単純。

カビがつくのがイヤだからです。

ただでさえ

湿気の多い浴室。

ましてや、水滴をそのままにしたら

余計カビがついてしまう。


カビにもいろんなのがあるんですね。

綿っぽくて

そこに“乗ってる”としか思えないやつもあるし。

黒いシミみたいのもそう。


金平糖みたいなカタチ…つまり結晶のような

ものもある。

野菜の内側を見ると白い。

綿みたいなのがついたカボチャを

切ってみると中が白かったり

黒かったり。

外側黒いシミになっていると

中は白と黒との二色のカビだとわかる。

さらに綿みたいなものの中には

付け根の方に

ピンクっぽいしみみたいなのがあって

ちょっとグロい。


泡が固まったかのように白いぶつぶつが

集合しているのもある。


はっきり言ってどれも気持ち悪い。


ダンボールの底には

白い粉らしき跡が。


だからカビはどんなカタチであろうと

排除しなくては気がすまない。


だからたとえ、シャンプーのボトルでも絶対イヤ。

他人の家に泊まりに行って

見かけると落としたくなる。


毛玉をとらないと気がすまないのと

同じように

カビも出来れば視界から消したいのです。


◆第1037回 歴史では何の日?◆

1037年 平安時代 『興福寺僧徒、東大寺東南院を破壊』(※ネット資料参照)
[PR]

by jd69sparrow | 2010-10-10 22:56 | 独り言。