記憶の入り口。

一度に何個も物事を頭に思い描く。

しかし、それを形にしようにも

出来ない状況にあるとき。


最初に思い描いたことだけは覚えておくといい。

それが、思い出すための記憶の入り口だ。

記憶の入り口さえおさえておけば、

あとのことの記憶がかすれてしまっても

思い出すことが出来る。


まず思い出すときに

入り口をくぐる。

そこから、一度ばらしてしまった

パズルをつなぎ合わせていくように

「こうであぁなって…」と

次々と記憶が蘇っていく。


理屈を立てたりして

いくつものステップを越えて…


なんだか人間の脳って面白いね。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-10-19 16:18 | 独り言。