夢は口にしてみよう。

人の生きる時間も

人がその夢を叶えられるかどうかも

神のみぞ知ることである。


だから出来ないだなんて、

誰にもわからないことなのである。


夢に出てきた劇場も何かのお告げなのだと信じている。


別にどこの宗教を信じているとかはないけど

ただ、神様だけは信じてる。


夢は口にするといいと聞く。

宣言することは大事だ。

夢を大きく持つこともいいこと。

夢を持つことは自由。


叶うかどうかはわからないけど、

少しでも近づけることを信じてあえて口にしてみる。


歌い手になりたい、と。


戦場カメラマン・渡部さんが「悲しいことがなくなる」というように

歌でみんなを元気付けられたらなって思う。

出来ることなら日本に留まらず。


いろんな人と出会って

話がしたい。

渡部さんのように

レンガ以上に厚い日記をつくり

彼らの言葉をつづりたい。


世界各地の姿をカメラにおさめたい。


…と、言っても戦場カメラマンとは別口だけど。


よし、頑張るべ!!
[PR]

by jd69sparrow | 2010-10-19 21:13 | 独り言。