声がいいと。

ぶっちゃけ、顔はウナギみたいな顔してるんだけど、

なんか気になる人がいます。

って、言っても異性としてとかではありません。


顔はともかくとして、

何がいいかって声ですよ。

売場でお客さんに

「いらっしゃい、いらっしゃい」とか

呼びかけているのも

低い独特な声がいいのだが、

ごくたまに、

マイクパフォーマンスしているときがまた良いのである。


店では何人かマイクパフォーマンスというか、

店内放送をしているのだが、

一番その人がうまいと言って過言ではない。


みんな何かしら

ツッコミどころがあるのだが

その人だけは

なんの ひっかかりもない。


声よし、喋り方よし。

パートさん曰く、

スーパー向きじゃないらしいんだけど、

それにしても上手い。


でも、そんなこと言ったら

前の勤務先は

ほとんどの人が

スーパーに向いてないってことか?


驚きなのが、

普段とのギャップ。

洋服の店の店員さんに

よく見受けられる光景だ。


普段は、腰低かったり,

時に軽く見えたりもする。


でも、一方で

パートさんと仲が良いところを

見ると、あの店内放送も納得かなって思う。


なんか…


声が良いと、

全てがいいように見えてしまうね。

背もスタイルもよいしね。


だから、

退社する時に

似た人を見かけて

そのダサっぽさにがっくりしてしまった。


結局人違いだったから

安心したけど…


いやー

歳が離れた人に

惹かれるもんだねー


でも、本質を知らない限り

この先どうとも動かないだろうけどね。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-10-29 20:57 | 独り言。