難しいこと。

よっぽど相性が良く、

運命的な絆で結ばれていない限りは

たとえ身内であっても

100%好きになることは難しい。


どんな人にも欠点の一つや二つはある。

それが見えない人はごく稀だ。


今日。

というか、毎度のことなのだが

なんか知らんが、

目に付くというか、目に留まるようなことを

こちらしていると

くどくど

ツッコんでくる。

そのくどさ

腹ただしく,映るのだということなど気付きやしない。

「自分はマシーンじゃない」なんて

言うけれど、自分じゃ気付いてないだけで

途中途中、違うことを言うけれど

必ず同じところに戻ってくるのだ。


そして、仕舞いには

お決まりフレーズのように

ほぼ100%嫌味を吐き捨て,

言いたい事を一通り言い終えたら

さっさと退散。


こちらが逆にツッコんだり、

あちらの嫌味に腹を立てて

嫌味を返すと

ヘソを曲げる。


言いたいことを言っているときに

口をはさまれるのがいやらしい。


勝手だよ…。


言いたいことだけ 言って

相手に入る隙間を与えたり、

聞くこともなく,

逃げるなんて。


本人は

それを嫌味だと思っているのかいないのか。

それはわからないが、

言えるのは ちっとも

自分が悪いことをしたなど考えていないということだ。

見ればわかる。


自分がされて嫌なことは

相手にするなと

言うくせに、自分は出来ていないという矛盾。


嫌味を言うところや くどいところが

嫌いというか、そういうところに

こっちは怒ってるのに

なんだよって思う。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-27 17:07 | 独り言。