見て見ぬふりが凶器。

先月、自殺という あまりに悲しい選択の最期をとげた女の子の

ニュースが報道された。


思うのは自由。

だが、口に出すことには慎重にならなければならない。

子供たちは両親たちから教わらなかったのだろうか。

悪気がない一言が

人を死に追いやるのです。


凶器を使わなくても

人の命を奪うことはできる。

そんなこと、一番ひどいよね。

手を汚さずにってとこも。

そんなつもりはなかったかもしれないけど

でも、もう少し相手がどう受け止めるかとか

考えなきゃダメだよ。


そんなのみんな教わるはずなのに。


子供だから…

なんて言葉で片付けてはいけない。


だって、人が一人命を自ら絶ってるんだから

そんなこと言ってる場合ではないのだ。


実際。

本心では助けたいと思うけど

助けたら自分もいじめられるかもしれない…

なんて考えるだろう。

自分もそういう場面を見て

どうするかなんてわからないが。


でも…

どうせ いじめられるなら仲間がいた方が

助け合えるんじゃない?


学校全体が

そこに通う子供たちの両親でさえも

私は非難せずにはいられない。



担任も、学校も

「いじめを認めたくない」という

歪んだプライドを守るばかりで

人の命を後回しにするのは もう学校として成り立たないよ。


なんのための学校なの?


ずいぶん前から

同じようなことで苦しんでる子供が

いると、さんざん報道されているのに

どうして、自分の学校では

それを起こらないようにしようって

努力しなかったのかな?


そんなに教育者たちは

子供とその親が怖いのかな?

でも、それじゃ教育者として失格ではないだろうか。

気持ちはわかるけど。


声はちゃんと送られたのに

彼らは封だけ開けて

机の引き出しにしまってしまう。


なんか、責任者が苦しい言い訳してたけど

まわりくどいし、

さっさと認めろよ!って思う。


あんまりにも担任とクラスメイトの彼女への仕打ちがひどすぎる。

なんて醜い人たちなんだろう。


彼女に対して悪口言ってた子、

あなたたちこそが、よっぽど醜いということを気付きなよ。


女の子の両親もちゃんと

娘のことを考えていたし、

学校に相談もしていた。

なのに、教育者たちは自分の立場を選んだ。


いじめは、

人の人格を批判した瞬間から始まるのだ。

いじめてるつもりはなかった、

死に追いやるつもりはなかった…

つもり、つもりって

言い訳ばっかしてんじゃないよ!!

悪口言うことじたいが イジメなの!!!


子供に愛情をたっぷり注ぎ、

叱る時はちゃんと叱る人たちがいる一方で

こんなことになるまで

何もしなかった

まがい物の愛情を子供にあたえていた人たちもいると思うと

私は悲しくてならない。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-08 09:01 | 独り言。