これぞ、匠の技。

よく見かける筆字。

書道ってとても古風な感じなイメージだけど

永遠に生き続ける“遺産”。


年賀状をパソコンで作る際に

よく宛名書きで使っていたのがこの字体。


それはさておき。


歌舞伎俳優たちの名前が刻まれる大きな看板。

というか、一種の表札?

これがなんと、人の手で書かれているということに驚いた。

完璧すぎて、印刷かと思うくらいだ。


学校の書道で、

私はお絵かきみたいに書いてたけど

これほど微塵の狂いもなく書ける人がいるなんて

すごいなぁ。

ってか、書道に目覚めそうなくらい

感動した。


書道はいまや、アートのように

様々な個性の字体が存在する。

いわば、個人の個性を主張できる媒体。


そうだ。 来年、書初めしよう!

…なんてね。

いつも思いながら実行に移せない。

頑張るぞ。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-10 17:08 | 独り言。