犯人探し。

連日問題になってる 

「尖閣諸島問題」。


なんだか。

やたらと犯人探しをした結果、

あぶり出されたように見える。

「さっさと出てこいよ」的な圧力で。


犯人探しも、必要な時とそうでないときがあると思う。


殺人や強盗など

明らかに他人に害を与えているものは、

(ある意味でと言うべきかわからないが、麻薬問題も然り。)

やはり被害者やその家族にとっては

知りたい事だから

必要だと思うけど。


今回の場合それが必要だったのかどうか

正直疑問である。

「犯人探し」より先にやることがあるだろ?って。

そもそも何で、尖閣問題が起きた時に

この映像を中国側につきつけなかったのか。


きっと今思うに、

動画サイトに投稿したという人は

合法的に言ったところで

まとも取り合ってくれないことも

それに,それがもみ消される可能性も

あるとわかっていたのかもしれない。

実際、そうしたらどうなるかは わからないけど。


だから、動画サイトにゲリラ的に

投稿するしかなかった。


別に誰が投稿したっていいのでは?

あの事件の真相がわかることの方が

よっぽど大事。

こんなに決定的な証拠は他にないではないか。


明らかなる卑劣な手を目の当たりにしながらも、

国同士の関係性を重視するあまり、

弱腰になり、

言わば相手の言いなりに…というか思うツボになってしまったのだから、

この映像が出回ることは,政府のメンツ的に

きっと受け入れられなかったのかも。


メンツとか゛カタチのないもの”に

捕らわれすぎだよね。

ある映画の主人公がそのようなことを言ってた。


優先すべきことが見えてない,

盲目な国のトップたち。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-10 20:34 | 独り言。