いじめる方が醜い。

いじめって何でなくならないんだろ?

なんで人は,彼らは

自分と違うものを認めないばかりか、

言葉や手、行動による暴力・いじめに走るんだろうか??


彼らは いじめる相手を

醜いと否定するけど

いじめる側こそが、醜いのだと私は思う。


親が甘やかしているから

子が相手を傷つけることを厭わなくなるのではないのか?

それとも人間の本質なのか。

しかし、そうじゃない人たちがいる以上

人間の本質というわけではない。


むしろ人のダークサイドの部分が強い部分を

持っているのがそういった,

行動をしてしまう人というものなのかもしれない。


仲いい相手にはいい顔して、

そうではない相手には

裏の顔。


なんでこう、自分の身内に甘く、

他人に詰めたい人がいるのだろう?


いじめられた相手に

手を差し伸べたいけど

そうしたら自分も…なんて考えざるを得ないなんて

どうかしてる。


人と違うことで

こんな仕打ち受けるなら、

これから子供を授かり,育てる未来の親たちは

安心して

子供を学校に預けることなど出来ない。


私はまだそういう立場にないが、

でも将来仮に子供を授かることがあったなら、

不安で不安で仕様がないって感じるかも。


教育者が子供よりも

自分の身ばかりを気にしてる限り、

何にも変わらないんだろうね。


もちろん、こんないじめがある学校ばかりではないし、

教育者の中にはちゃんと

生徒と向き合う人だっているだろう。


゛氷山の一角”だと専門家は言う。

恐ろしすぎる。

それも…公表されている数よりも

かなり多くの人たちが苦しめられているのだとも言っていた。


高学歴社会であるから

やはり学校には通わせるのがいいのかも

わからないけれど、

高橋歩さんのように、

学校よりも旅で,旅をしながら

生きるための゛いろは”を教えられたらイイのかもね。

勉強、勉強って言わないで

子供に選択肢を与えて

「どれ、やってみたい??」って

聞いて、そこで彼らが選んだ道を

とことん応援してあげて

その道を極めさせてあげるのが

愛情かなって思う。


スパルタにはなりすぎずで

決して甘やかさないのが本当の愛情だと思うから。


やっぱり、苦難を乗り越えた人の方が

幸せになれるのではないだろうか。


自分が持つ知識を旅を通して

教えて,そこで補えない部分は

彼らが一人前になった時、

望む場所で極めてもらえばいい。


絶対、子供に(もちろん、誰にも)命を自らの手で

絶たせてはいけない。

親だけでなく、彼らに関わる人全て。


モンスターペアレンツなんか、

いなきゃいいのに。

だけど、きっとその人たちはそうだと感じていない。

だから、周りがその人たちを助けるべきなのだと思う。

簡単なことではない。

でも、誰かがやらなきゃ始まらない。


ファイト、一発。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-11 18:03 | 独り言。