lady birdの意味!

やっとわかった。

先日から気になっていたこの言葉の由来。


語源辞典で検索かけて

そこでさらに検索かけても

見つからなかったのだが。

(語源辞典って言ってるのになんでないんだ!って思った。

ちなみにこの辞書で「居眠り」で検索かけても見つからず)


そして、語源辞典でも

国語系のサイトでもない、

ブログでその言葉の由来を気になっていた同士がいて

そこで詳しく説明されていました。


そのブログによると、

なんと!

lady birdとは、

宗教的なことから依頼するようだ。


まぁ、英語だし納得と言えば納得。


「農作物につくアブラムシを食べる益虫とされた

天道虫。 聖母マリア様が赤いマントを着ていた事から

由来する」

…だそうだ。


うーん。


とりあえず、ladyと書くのは

わかったが。

何故、「鳥」って言葉がつくのかが

イマイチつかめない。

だったらイギリス英語も「lady bug」でいいじゃないか。

でも、辞書に載せるときに

バグじゃ、由来的に格好がつかないからなのかな。


それとも、

birdとつくのは天道虫が羽を広げた姿から、

鳥を連想されたのかな。

あるいは、

マリア様が両手を広げた姿(赤いマントを着たとき)が

鳥のようだったからなのかな。


それか…

日本の辞書にもある,

「太陽に向かって飛んでいく」とあるように

鳥って連想したのかな。

゛太陽神の天道”から取って

日本語の表記は「天道虫」だそうだ。


結局、lady bird のbirdは推測に終わったが

でも意外な由来がわかったので

一つ勉強になったな。


てっきり、レディ(婦人)のように,また

鳥のように飛ぶからだと思ってた。


ちなみに冒頭にあげたブログは
こちら
↑ これだけ詳しく探求してたり、ブログのタイトルに意味を深く持たせたりすると

どんなブロガーなのか気になるね。 自分は、ダジャレでつけたのに…嗚呼。

よし、私も見習うか!…なんてね(ザブングル風)。

関連記事
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-13 16:19 | 独り言。