殺到の後の崩壊。

昨日今日と、キャベツの安売りがあった。

点数制限ありの先着。

これを買うために開店前には

お店前にそこそこの列が出来ているのが

品出しをするこちらにも見える。


半年以上前にいた場所の

朝市を思い出させる光景だった。


キャベツを目当てに

来たお客さんたちは

キャベツめがけてまるでイノシシのごとく

なだれ込むようで

昨日なんかは

キャベツを並べてた台が崩壊するほどだったそうだ。


あらゆる角度で

なだれ込む人々。

近隣のスーパーが休業中とあってか

凄い人だかり。


確かに野菜高騰で

この安さに飛びつきたい気持ちはわかるけど

周りが引くほど

醜態さらしてまで

買おうというのだから凄いなぁと。


人間の醜さを

体現したかのような光景である。


安いからってのは

わかるけど

中にはカバンを隠し持って

お店をぐるっと一周した後に

点数制限モノをさらに買ったりするっていのは

スーパーならよく見受けられる。


そして もっと凄いのは

「お一人様 一点」という約束を破り、

二個以上持っていく図々しい連中もざらにいるようだ。


よく、「本当に100点置いてるの?」とか

聞いてくるお客さんがいる。

また、

「昨日も来たけど、今日も買えなかった」

と残念そうに帰っていく人もいる。


点数制限を無視した人たちこそ

買えなかった人たちに対して

謝って欲しいと思う。


…まったく、品格のカケラもない人たちだ。


自分達で棚を壊しておいて

何もしないってのも おかしいよね。

いくらお客でも神様ではないのだから。


ちなみに今日も同じように安売りがあって

二人がかりでキャベツの棚を押さえてガードしていたようだが

それでも凄まじかったらしい。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-24 16:02 | 独り言。