判決のとき。

最近よくニュースで話題になっていた

少年による犯罪の裁判員裁判。

つい一時間くらい前に判決が下った。


求刑どおりの結果となったらしい。


被告である少年は,

裁判長による判決を聞いた瞬間どんな気持ちだったのだろう。

また、刑が執行されるまでの時間は

何を思うだろう。


更生の見込みなし。


控訴されることもなく、

これから刑が下される。


誰より悲しいのは、

被告の両親だろうか。

もちろん、被害者の遺族だってそうだ。


報われてもわが子は帰らない。

自己中心的な考えで殺人をしてしまった息子を持った両親。


どちらの方がどうとか、

そういうものではないし、

比べられるものではないと思う。


裁判員が苦痛な選択を迫られる,

事件がどうかなくなりますように…

また、わが子を亡くす遺族がこれ以上増えませんように…


▼記事URL(コピペ用)▼
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101125-00000593-san-soci
[PR]

by jd69sparrow | 2010-11-25 17:37 | 独り言。