Mr. ザキヤマ。

芸能界で1、2位を争うであろう,

軽い男。

が、しかし その見かけは重い。

おっと失礼。


どこにでも隙間あれば

ささっと入る、それがザキヤマ。

またの名を“ケツあご”。

あ、間違えた。

アンタッチャブル・山崎。


どうどうと後輩のネタをパクった,

「くるー」発言。

他人からもらっておきながら

すっかり自分の物にするのが彼の得意技です。

しかし、このザキヤマの

ギャグは私たちの意に反して

私たちの頭の中にしがみついてきて離れません。


おそらく計算ではなく、

天然のなせる技なのだろう。

そういう男なのだ。


インパクトをしっかり視聴者に,与えて

去ってゆく,

さらにどこにでもしがみつく。

それがザキヤマの特徴。


が、しかし。


今日、気付かされたのです。

彼が、「褒め上手」だってことを。

そういう見方があったのか…

と、思いつつも納得の指摘である。


彼の「ヨイショ」は決して

人を悪い気にはさせない。

むしろ笑いを生み出すのである。


土下座なんて

そうそうできるものではないのに

この男…

軽くノリでやってのけてしまいます。

さすがザキヤマ先生だぜ。


しかし…

さすがの大先生も

堀くんの噛み噛みコメントの映像を見ている間は

バラエティでは滅多に見せない

真剣なまなざしでした。


恐るべし…

そして憎めない男、

Mr.ザキヤマ。

あの車のコマーシャルも

観た時は、相当頭から離れませんでした…
[PR]

by jd69sparrow | 2010-12-09 16:42 | 独り言。