ザッツ・テキトー男。

適当のイメージをくつがえす人…

そんな『高田順次』学にはまってしまった。

こんな分析の仕方があるのかと。


というか、学問っぽくなるのが

驚きである。

この男の頭の中は

どうなっているのか、

解剖できるものならしてみたい。


きっとパラレルワールド全快でしょう。

それはバートン監督の描く世界観と通じるものが

あるかもしれない。

そう思うのは私だけだろうか。


テキトーがこんなに

面白いものだということを世に知らしめた男。

そして、尊敬すらされる。


大学の講義風に

学問の題材にされることなど

誰が予想したでしょう。


しかし、現在からは想像できないくらいの

過去の持ち主。

最初から芸能界じゃないのかよ!

ってツッコミを入れたくなる。

企業に就職した経験を持ち,

家庭を養うために

50だっただろうか。

考えられないくらい多くのアルバイトをしたという苦労人なのである。


そう考えると

ホントはかなり真面目な人なのかも?

…とも思うし、

ウソっぽく見える,神童とあがめられた幼少時も

納得がいく気がする。


…というか、多分 大人になっても

頭が良かっただろうし、

良いだろうし。


トップであることを嫌い、

わざと自分を下げるあたりが

凄いよね。


リスペクトする人がいるのも

よくわかる。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-12-09 16:53 | 独り言。