パンフレット。

映画に行ったらパンフを買う。

どのお土産よりもパンフなのです。

これさえあれば十分です。


グッズは滅多に買いません。


しかし、パンフにも様々なものがあります。

でもね…

文字数多いと超面倒くさいです。


確かにブログで感想書くのに

ネタがたくさんできるのは

とても嬉しい事なのだが

何しろ…

面倒くさい。


長々と文章を読んでいるよりは

必要最低限の情報のみを知った方が

感想も書きやすい。


パンフに必要なもの。

「あらすじ」、「キャストプロフィール」、監督などの一部「スタッフプロフィール」の二つで十分。

あとは映画を起承転結にまとめて

四ページくらいに

作品の映像内の写真を抜粋したものを載せてもらうのが

個人的には望ましいし、読みやすい。


もし、もう少し付け加えるとするならば

「プロダクションノート」と、

せいぜい「キャストのインタビュー」くらいかな。

この二つは大切だが

出来たらでいいかなぁと思う。

あってもなくても…。


だから『ブルーマン』のパンフが

どれだけ読みやすかったことか。

最初の一ページを抜かして

他のページは全て

とても簡潔にまとめられているのだ。


CGが使われており、メカなどが出ていた場合は

細かい解説がつきものなので

読むのがしんどい。


パンフはシンプルでいい。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-12-15 17:23 | 独り言。