謝らせない。

謝って欲しい時、そうではないときがある。

いずれにしても

謝っていただけたら何よりなのだが。


出来れば謝って欲しいけれど、

嫌味言ったり,「〇〇しといて、ごめんの一言もないのか?」

とか,いう事が阻まれる事もある。


そんな事を言って気を遣わせたりしたら

可愛そうだなぁと思うこともたまにあったりする。


例えば、蜜柑を買ったとする。

その一つがくさっていた。

しかし、私は一つ混じっていたからといって

口うるさくクレームはつけない。

たとえ、箱に入っていようとも。


それで、同じ部門の箱詰めしたパートさんに

文句なんか言ったら悪い気がする。

厳密に言えば

見逃してしまって箱詰めしてしまった方が悪いと言えば悪い。


だが、過ぎたこと。


だから、わざわざ「昨日、買った蜜柑…くさってたんですけど?」

なんか言わない。


よっぽどのことでない限り、

「謝ってよ!」

とか、

嫌味というカタチで遠回りに

「謝れ」アピールはしない。


昨日、そういうことをされて

慌てて謝ってしまったけれど

よくよく考えると、腹立たしい。
[PR]

by jd69sparrow | 2010-12-22 21:19 | 独り言。