爆弾@2011年1月24日(月)。

年金支給年齢が引き上げになるという発言…

これは正直、

民主の切り札も爆弾と言っても過言ではないだろうか。

「税」に長けた人物を

「たちあがれ」から引き抜いたのは

いかがなものか。

そもそも「たちあがれ」を築き上げた一人が

中途半端に民主に来るなんて…。


そこまでして

総理は財政を立て直したかったのだろうが

これは とんだ歯車だ。


人間に人間の“絶対的な”寿命など

わかるものだろうか?


「人生を90年として
年金を引き上げに…」



だなんて、馬鹿げている。

確かに定年過ぎても

働きたい人はいるけれど

働きたくても働けなくて

年金に頼る生活を送る人だって

大勢いるはずだ。


それよりも…

いい加減、けじめをつけるとか

政治家にも定年制度を導入するとか

する方がいいのではないだろうか。


個人的には

貰いすぎている人は世の中に

大勢いると思うのである。


それとか、

せっかく『仕分け』というものを

考え付いたのだから

もっともっと徹底して押し通せばいいのだ。


ねじれ国会である以上、

野党の賛同なくして

その馬鹿げた法案も

議決されないというのが唯一の救いだ。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-07-30 00:08 | 独り言。