佐助稲荷神社。

d0058606_17242271.jpg
d0058606_17253265.jpg


1月24日(月)


JR鎌倉駅より徒歩30前後くらいだろうか。

山奥にこの場所がある。

しかし、体感時間は

30分を越えていた。


駅前広場に脇に入っていくと

大きな赤い鳥居の玄関口が見えてくる。

商店街というか

お土産街というか…。


少し真っ直ぐ歩いていくと

わき道があり、

銭洗弁天と書かれた看板が目に入ってくる。

その看板の示すとおりに歩いていくと

佐助稲荷神社への道が見えてくる。


お化けが出そうなトンネルを通り、

住宅街を何度か

曲がり、進んでいくと着く。


毎日登れば

かなり足腰が鍛えられるであろう,

修行階段(勝手に命名)を登った先に

やっと本堂に辿り着く。


駅から 歩くには

かなりの体力を消耗したけれど

苦労したかいがあった。

とても境内は こじんまりしているが

ご朱印の文字は

達筆だった。


この神社の周辺地域の街の名は

『佐助』のようで

あちこちにある電柱には

「佐助〇丁目」の文字が。


佐助とは、

“あの”佐助なのかな???

忍びの里と言われれば納得といえば納得。


こんなに山奥にあり

小さな神社だけれど

階段の先には

こんなに立派な本堂があって

ちゃんと神社ならではのお土産も買える。


なんだか、御褒美もらえた気分。


近くに銭洗弁天もあるし

佐助稲荷じたい、中々階段を除けば

癒され空間なので

訪れてみる価値はあると思います。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-08-10 00:21 | 独り言。