現実と空想。

映画、小説、ドラマ…

数々の媒体の元、

様々な物語が今日まで語り継がれている。


全てがそうだとは限らないけれど

どんな人気作品でも

批判はつきもの。

太陽の光とその“影”が存在するのと

同じ。


光あるところ、必ず闇あり。


よく現実を知る方がいいと言うが、

そうでないときもある。

好きなものに関してはそうだ。

批判が存在して

その背景となる詳細を知らなければよかったと思うのである。


批判的意見の大半は

的確で決して間違ってはいない。


でも、そういった意見を

目の当たりにすると

楽しい夢から醒めてしまう。


言われてみたら…

とは、思うのだが。

でも、思うのです。


何も考えずに楽しむのが一番だって。


細かく分析すると

楽しかったはずのものが一変してしまい

待っているのは後悔ばかり。


あーだ、こーだって

文句つけながら映画もテレビもドラマも観たくない。

背景を知るということも大切な事だが

知らない事が逆にいい事もあるということを

実感しました。
[PR]

by jd69sparrow | 2011-08-31 00:02 | 独り言。