絶賛と批判。

『絶賛の数だけ、批判がある』


善があり,悪がある。

光があって陰があるように、

絶賛には、批判がつきもの。


いくら自分が好きなものでも

批判する人もいる。

価値観は人の数だけあるものだ。


全ての人に,全人類に

肯定されるものはないのだろう。


しかし、批判されても恐れることはない。

それは自分を高める糧となる。


表と裏は、様々なカタチであるんだね。

媒体を変えて、どこにでも存在する

[PR]

by jd69sparrow | 2011-09-29 01:12 | 独り言。